ルーブル美術館隠れた名品 一覧絵画部門

フランス絵画

イタリア絵画

スペイン絵画

オランダ絵画

ドイツ絵画

彫刻部門

フランス彫刻

イタリア彫刻

ドイツ彫刻

ギリシア・ローマ彫刻

その他

古代エジプト美術部門

その他

ルーブル美術館隠れた名品

ヴェロネーゼ Paolo Veronese
カナの婚宴

展示場所:ドウノン翼

何かと有名な絵である。ルーブルで一番大きい絵でもあり、ルーブルで一番有名な「モナリザ」と向き合っている絵でもある。新約聖書の一場面、「カナの婚礼」の場面を描いた、イタリア・ルネサンス後期の画家ヴェロネーゼの作品。「カナ」という地で開かれた結婚式に出席したイエスが、水をワインに変えるという奇跡を見せた有名なシーンである。ヴェネツィアのサン・ジョルジョ・マッジョーレ修道院の大食堂を飾るために発注されたもので、カルラ・ブルーニはその絵がサン・ジョルジョ・マッジョーレ修道院に戻されることを望んだが、聞き入れられなかったとか。
ドウノン翼に入ったら「モナリザ」の場所の案内が至る所にある。それに従っていれば、ヴェロネーゼ作『カナの婚宴』を見落とすことはありません。(釦)  2013/5/24更新

ヴェロネーゼ 他の作品
女性の肖像(ラ・ヴェッラ・ナーニ)


←隠れた名品一覧に戻る

ゆっくりたっぷりルーブル美術館 半日観光ツアー
パリ通信
パリ街角Viewer

パリ長観光的動画

レストラン情報

おすすめホテル